キララちゃんと犬。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自主映画は一眼レフが最適であるたった3つの理由

自主映画は一眼レフがオススメ

f:id:ohayogozaimasu:20160413124351p:plain

理由その① 安い

自主制作映画はとにかくお金がないです。でも立派な映像を撮りたい。そんな自主映画界への朗報は、一眼レフカメラの低価格化しているということです。近年カメラを持つ人の増加により、一眼レフカメラが多く出回り、安い価格で立派なカメラが購入できる状況です。

 普通にプロの映像マンも使っているEOS kiss X7です。

本体+レンズ合わせて4万円前後で購入できます!!

これでプロと同じような映像が撮れるのは凄いですね。

 

理由その② 映像がかっこいい

一眼レフの写真って人物にだけピントが合っていて、背景がボケているのが多いですよね。あの表現を映像でできるのは自主映画にとっては強みであります。自主映画は予算も時間もない為、映像構成やロケーションをないがしろにしてしまいがちです。そうすると、奥行きがなく、魅力のない映像になってします。一眼レフカメラですと、どうしようもないロケーションのときに人物にフォーカスし、背景をボカすだけで、「見てられる」映像にできます。これはビデオカメラでもできるのですが、それができるビデオカメラは少し高価です。

 

理由その③ 見た目がかっこいい

撮影してるなあ〜!って感じがします。ハンディカムのビデオカメラだと「ホームビデオ?」って思われてしまうかもです。道行く人に「こっちは真剣なんだぞ!」ということをカメラでアピールできます。カッコいいですね。写真家と名乗る人たちはこの見た目のおかげで幾分か格好良さが上げ底されていると思います。 

 

ビデオカメラと一眼レフの違い

mysimasima.com

 こちらに分かり易く記載されています。

 

私が個人的に感じた一眼レフのデメリット 

  • 充電が長持ちしない。
  • 長時間撮影ができない。

これに尽きます!!

充電が長持ちしないのは自主映画にとって結構つらいです。なので替えのバッテリーをいくつか用意しましょう。

また、長時間撮影ができない(私の一眼レフは30分以上の撮影不可)ことに関しては、そんなに長く撮影することは滅多にないので、あまり不便していません。

 

ぜひ映画制作者さんは一眼レフを購入しましょう!!